TOP >  FA吉井崇裕の投資お悩み相談 > 第8回 初めて資産運用します。どの金融機関でNISA口座をつくればよいですか?
FA吉井崇裕の投資お悩み相談

第8回 初めて資産運用します。どの金融機関でNISA口座をつくればよいですか?

更新日 2015年8月6日

「商品選び→金融機関選び」の順番が大事
分配金の受け取り方などを事前にチェックしましょう

 投資信託の運用で大切なのは、金融機関ではなく、商品選びです。したがって、金融機関を選ぶ前に、まずはどの商品に投資するかを決める必要があります。

 商品を選ぶうえで大切なのは、
 ①自分の運用目的にあった商品であるか
 ②自分のリスク許容度に合った商品であるか
 ③同じ投資対象のファンドと比較して、相対的に良好な運用成績が期待できるか
の3点です。この3つの観点から、まずは投資する銘柄を決めると良いでしょう。銘柄を選ぶにあたっては、モーニングスターなどの投信評価会社のWEBサイトの情報を参考にしましょう。

 銘柄が決まったら、次は金融機関選びです。投資信託は、同じ銘柄であっても複数の金融機関で購入できる場合があります。取扱金融機関は、運用会社のWEBサイトか当該銘柄の月次レポートに記載されています。取扱金融機関が複数ある場合は、販売手数料が安い金融機関を選びます。一般的には、ネット証券・ネット銀行などは販売手数料が安く、取扱銘柄数も多い傾向にあります。

 また、NISA口座は、金融機関によって分配金の受け取り方やその他取引方法が異なる場合があるので、その違いを良く調べた上で選ぶとよいでしょう。