TOP >  FA吉井崇裕の投資お悩み相談 > 第25回 投資初心者です。現在12月ですが、今年のNISA非課税投資枠が100万円まるまる残っています。インデックス型ファンド10本に10万円ずつ投資して使い切ろうと思いますが、注意点を教えてください
FA吉井崇裕の投資お悩み相談

第25回 投資初心者です。現在12月ですが、今年のNISA非課税投資枠が100万円まるまる残っています。インデックス型ファンド10本に10万円ずつ投資して使い切ろうと思いますが、注意点を教えてください

更新日 2015年12月3日

分散投資は、ファンドの本数ではなく、値動きが異なる資産を組み合わせるのが大切です

(解説)

まず、10本に投資することありきではなく、資産配分を考えましょう。値動きが異なる資産に分散投資することによって運用資産全体の値動きを小さくすることが、最も重要な点です。

たとえば、様々な資産に分散投資するバランス型ファンドであれば、ファンド数は1本でもいいと言えます。よくありがちなのが、自分では複数のファンドに分散投資しているつもりが、資産クラスで見ると株式やREITなど、値動きの大きな資産に偏りがあるといったこと。これではファンドの数をいくら増やしても分散しているとは言えません。

また、今年のNISA枠を全て使い切るということですが、たとえば、10年程度の投資期間を想定し、短期的な変動を気にしないのであれば、株式ファンドなど値動きの大きな資産に投資するファンドを中心に一括で投資しても良いと思われます。

ただし、株式やREITといった市場は、短期的に大きく下落することも十分考えられます。もし、一時的な値下がりが心理的に受け入れらないということであれば、NISAの枠を使い切ることありきではなく、毎月積立投資するという方法を選択しても良いのではないでしょうか。

逆に5年程度の比較的短い投資期間を想定し、かつ、安定的な運用をしたいのであれば、為替リスクを抑制した海外債券ファンドなど、安定的な値動きが期待できるファンドに幅広く分散投資するか、バランス型ファンドなどを選択するのが良いでしょう。