TOP >  FA吉井崇裕の投資お悩み相談 > 第32回 「ヘッジファンド」を組み入れているラップ型ファンドはリスクが大きいのですか?
FA吉井崇裕の投資お悩み相談

第32回 「ヘッジファンド」を組み入れているラップ型ファンドはリスクが大きいのですか?

更新日 2016年1月21日

ラップ型ファンドに組み入れられているヘッジファンドは、リスクを抑えて安定的なリターンを狙うタイプが多いようです。

(解説)ヘッジファンドのなかには、積極的にリスクをとって高いリターンを狙うファンドもあれば、リスクを抑えて安定的なリターンを狙うファンドもあり、様々です。

一般的に、ラップ型ファンドに組み入れられているヘッジファンドは後者のほうが多いようです。ただし、これらのラップ型ファンドのなかには、過去の運用実績が短く、開示されている情報だけでは運用の内容がわかりにくいものもあります。購入を検討する際には、運用の中身や想定しているリスク水準(値動きの大きさ)などについて販売員に良く確認すると良いでしょう。

また、ヘッジファンドは実質的な運用コストが高い傾向にあります。高い運用コストに見合う成果が期待できるのか、ヘッジファンドを組み入れることによってどのような効果を狙っているのか、などについても確認すると良いでしょう。