TOP >  カテゴリー【投資信託の特徴】記事一覧

【投資信託の特徴】記事一覧

第41回 ファンドの仕組み説明などで見かける「マザーファンド」の意味を教えてください。

2016.03.24更新

Aファンドの運用形態の一つである「ファミリーファンド方式」で、実質的な運用を行う部分です。 (解説) 投資信託の仕組み(運用形態)として、「ファミリーファンド方式」があります。「ファミ...

第35回 ファンドのパンフレットに書いてある「スマートベータ」って何ですか?

2016.02.11更新

A従来の指数に対して優位性があると考えられる指標のことです。 (解説) 「スマート」は賢い、「ベータ」は市場(指数)への連動性を意味します。 スマートベータは、従来の指数(時価総額を...

第30回 基準価額が高いファンドは、値上がり余地は小さいのでしょうか?

2016.01.07更新

A基準価額が高い・低いは、今後の値上がり・値下がり余地に関係ありません。 (解説) ファンド購入時の基準価額が高いか低いかということは、今後の値上がり・値下がり余地には関係ありません。...

第18回 「分配金利回りが高いファンド=運用が上手なファンド」ですか?

2015.10.15更新

Aそうとは限りません。分配金利回りが高いファンドとは、「資産の取り崩し率が高いファンド」だからです。  「分配金利回りが高いファンド=運用が上手なファンド」とは限りません。  まず...

第10回 ヘルスケアファンドが注目を集めているようです。どんな商品ですか? 注意点は?

2015.08.20更新

A医療やバイオテクノロジー関連の株式に投資する商品で、株式市場全体とは異なる値動きをする可能性があります。  ヘルスケアファンドとは、医薬製品、医療・健康サービス、バイオテクノロジー関連...

第4回 ラップ型ファンドはどんなところが優れていますか?

2015.07.09更新

A運用に関する様々な判断を、投資家に代わって運用会社が行ってくれます  ラップとは、英語で「包む」という意味です。ラップ型ファンドとは、資産配分の設計、組入れファンドの選定、そして、それらの...

第3回 毎月分配型ファンドのデメリットは?

2015.07.02更新

A「長期的な複利効果」が薄れてしまう点に注意。よりお金を増やしたい人は、分配金を出ない商品の検討も  毎月分配型ファンドのデメリットは複利効果が抑えられてしまうことです。投資信託は、投資先か...

第2回 毎月分配型ファンドのメリットって?

2015.06.25更新

A毎月一定のキャッシュフロー(収入)が期待できること。貯めた資産を毎月決まった金額で取り崩したい人向き  毎月分配型ファンドのメリットは、投資信託の資産から毎月一定額を分配金として取り崩すこ...