TOP >  カテゴリー【投資信託の知識】記事一覧

【投資信託の知識】記事一覧

第128回 「中小型株」は狙い目なのか?

2017.03.15更新

国内株式型の投資信託にもいろいろあります。大きくは、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)、JPX日経400指数といった市場平均への連動を目指すインデックス型と、投資信託会社が銘柄を選択して...

第127回 「リスクコントロール型」の長所と短所

2017.03.08更新

リスクコントロール型と呼ばれる投資信託が増えています。株式や債券などの幅広い資産に投資するバランス型の一種ですが、市場環境の変化に応じて資産配分を機動的に変更することが特徴です。「リスクコント...

第122回 「ブル型」「ベア型」って何?

2017.02.01更新

例えば株価指数への連動を目指すインデックスファンドは、株価が上がれば投資信託の基準価額も上がり、株価が下がれば基準価額も下がります。市場平均に連動するので値動きの仕組みがわかりやすいのはメリッ...

第120回 根強い人気の米国REIT

2017.01.18更新

米国REIT(不動産投資信託)の投資信託が根強い人気を集めています。ここ数年、人気ランキングの上位を米国REIT型の投資信託が占める状況が続いています。2016年後半は基準価額が下がった投資信...

第115回 株式投資の新しいスタイル――SRI、ESG、インパクト投資

2016.12.14更新

アクティブ型の株式投資信託の方針は、より収益力の高そうな個別銘柄を選択し、市場平均を上回る収益を目指すこと。投資信託会社の運用担当者は、ファンドの収益を高めるためにさまざまな手法で銘柄選択を行...

第108回 ETF vs 投資信託

2016.10.30更新

ETF(上場投資信託)という金融商品があります。複数の株式や債券などを投資対象とする点は投資信託と同じ仕組みで、ほとんどの商品が株価指数などの市場平均に連動するような運用を行っています。この点...

第105回 新興国債券ファンドへの投資を考える

2016.10.19更新

本連載の第103回では、先進国債券に投資する意義について書きました。先進国債券は株式などの値下がりに対するクッションとして有効だという内容ですが、現状では大きな収益を期待できる資産でないことは...

第103回 安全資産としての先進国債券

2016.10.12更新

2016年1月末に、日本銀行はマイナス金利の導入を決めました。それに先立ち、欧州でも中央銀行が政策金利をマイナスにする政策を導入しており、現状で日本や欧州の国債は金利がきわめて低くなっています...

第88回 ハイリスク・ハイリターン投信活用術

2016.08.21更新

短期的に大きな値下がりがあっても、大きく値上がりする可能性を秘めているのがハイリスク・ハイリターン投信です。資産を大きくしていく上で強力な武器になる半面、有効活用するには特徴をしっかり見極める必要...

第87回 分配金の“落とし穴”――分配金利回りの算出方法

2016.08.17更新

第86回では、「分配金」が預貯金における利子とは違うことに触れました。今回は、それを踏まえ「分配金利回り」について説明していきます。 分配金利回りとは、1年の運用のなかで、基準価格の何パーセント...