NISA口座はどこで開設する?販売会社訪問

NISA(少額投資非課税制度)は銀行や証券会社に専用口座を開設して利用します。

商品の種類がたくさんほしい、コストをできるだけおさえたい、ていねいな説明がほしいなど、利用するうえで大事にしたい要素は人それぞれです。

投資家のサポートに努める販売会社を訪ね、その取り組みについて聞きました。自分に合った金融機関選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。


第1回あおぞら銀行 相続や贈与と一緒にトータルサポート

NISAについて顧客の反応はどうですか?

葛西
お客さまとの面談ではNISAの活用状況などをお聞きしています。制度自体は知っていて証券会社などに口座は開設したものの、実際には運用していない方が多い印象です。
山本
制度が始まって3年目ですが、詳しい仕組みはご存じない方もまだいらっしゃいます。NISAプランを紹介し、当行にNISA口座を移管していただいたケースもあります。

NISAの商品選びではどのようなアドバイスをしていますか?

三村
当行では運用ニーズ別にさまざまなプランを提案しています。「低リスクで安定運用したい」方には、『ダイワ日本国債ファンド(毎月分配型)』(大和証券投資信託委託)や『MHAM物価連動国債ファンド』(愛称:未来予想)(みずほ投信投資顧問)など、預金プラスアルファのリターンを目指す商品を紹介しています。

運用環境が不透明の中、投資対象の資産配分はプロに任せたい方も増えています。このようなお客さまには、『グローバル・アロケーション・オープンAコース(年1回決算・為替ヘッジなし)』(新光投信)や『バリュー・ボンド・ファンド<為替リスク軽減型>(毎月決算型)』(愛称:みらいの港)(三菱UFJ国際投信)など、相場変動に応じて複数資産へ分散投資する商品から説明します。

山本
一方、ある程度のリスクを取ってでも高いリターンを追求したいというお客さまもいらっしゃいます。『トピックス・インデックス・オープン』(野村アセットマネジメント)のような株式ファンドが有力候補といえるでしょう。

NISAサポートにおける他の金融機関との違いは?

三村
一定以上の資産をお持ちのお客さまとは、マネープランに関する話が進んでいくうちにNISA口座の活用という流れが少なくありません。相続や贈与と一緒にNISAも検討したいというご相談もいただいています。
葛西
当行には各支店を担当する経験豊富なファイナンシャルプランナーがいますので、ぜひお気軽にご相談いただきたいと思います。相続・贈与・事業承継・不動産といったシニアのお客さまのニーズに、税理士や弁護士といった外部のネットワークも生かしながら、お客さまに合ったライフプランとNISA口座活用方法をトータルサポートします。