NISA口座はどこで開設する?販売会社訪問

NISA(少額投資非課税制度)は銀行や証券会社に専用口座を開設して利用します。

商品の種類がたくさんほしい、コストをできるだけおさえたい、ていねいな説明がほしいなど、利用するうえで大事にしたい要素は人それぞれです。

投資家のサポートに努める販売会社を訪ね、その取り組みについて聞きました。自分に合った金融機関選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。


NISAの認知度はいかがですか?

安井
地域密着型の信用金庫ですので、お客さまには60代以上のシニアの方と地元で事業をされている方が多いです。マイナス金利の影響もあり、資産運用に対する関心が高まっています。NISAについても「知り合いから運用収益が非課税になる制度があると聞いた。自分も勉強したい」というご意見もいただきます。
亀井
会社社長をされている50代男性のお客さまが、「NISAの配当金の受け取り方がわからなくて……」とポツリ漏らしたので、丁寧に説明すると「ありがとう!」と大変感謝されました。証券投資の経験のあるお客さまでも、NISA活用法についてはまだ不安を抱えている方もいらっしゃるようです。

NISAをきっかけに資産運用に興味を持つ方も増えているようですね。

足羽

当庫では、投資信託ご活用の「入口」としてNISAを紹介しています。投資信託の情報パンフレット「ファンド&マーケット」の冒頭でNISAやジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)を説明しているのも、そのためです。

戸﨑

ファンド選びの考え方で最も重要なのは、自分のリスク許容度やニーズに合った投資信託を選ぶことです。NISAの非課税効果を最大限に得るためには、値上がり益を重視した運用がキーワードでしょう。期待リターン・想定リスクの大きいファンドが適しているといえます。

原田

雑談を通じてお金に関する心配にお客さまご自身が気づき、そのタイミングで「解決策」としてNISAや投信を説明すれば、「自分にとって有益な情報だ」ととらえて耳を傾けてくださいます。

「1万口あたり○○円」という基準価額の表記が分かりづらいという方には、「スーパーでお肉は100gあたり○○円で売っていますよね。あれと同じです」とお話しすると、「なるほど」と納得してくれます(笑)

NISAにはどんな商品が適しているでしょうか?

南部

商品紹介時に私が注意しているのは「お客さまの世帯収入と年齢」です。投資初心者に投信を紹介する際は、ともすれば世間の売れ筋である毎月分配型ファンドを勧めがちです。

でも、例えば40代の専業主婦の場合、夫の定期収入がありますし、運用期間も長めにとれます。そこで「1年決算型の商品ならば複利効果も期待でき、資産を大きく育てることも可能です」と紹介したことがあります。トレンド商品に流されず、お客さま一人ひとりに合ったマネープランを提案していきます。