TOP >  特集記事 >  ニッポンの凄い投資信託 リッパー・ファンド・アワード・ジャパン2016 >  最優秀運用会社スペシャルインタビュー 日興アセットマネジメント(3/3)

最優秀運用会社スペシャルインタビュー 日興アセットマネジメント(3/3)


ニッポンの凄い投資信託 リッパー・ファンド・アワード・ジャパン2016

確定拠出年金 株式部門 最優秀運用会社賞

国内株式だけでなく多様な資産の運用力に定評
リスク許容度に応じたバランスファンドも充実

日興アセットマネジメント 機関投資家営業第一部
中央金融法人営業グループマネージャー 守田光宏氏

充実した商品ラインナップを支えるパッシブの運用力

nikko3

――御社の強みや独自性はどのような点にあるとお考えでしょうか。

 最初に述べましたように、日興アセットマネジメントは、アジア、そして世界でグローバル競争に耐え得る運用体制を確立しており、それが最大の強みだといえます。こうした運用体制のもと、当社ならではの投資アイディアで、付加価値の高い投資ソリューションを投資家の皆さまにお届けしています。株式、債券、オルタナティブ、そしてマルチアセットなどの多様な資産クラスにおけるアクティブ運用ファンドに加え、20を超える国内外の株式や債券などのインデックスを対象としたパッシブ運用戦略を提供しています。

 パッシブ運用については、このたび受賞した確定拠出年金向けのファンドにおいても多様な品ぞろえと確かな運用実績がありますが、ETF(上場投資信託)や一般の投資信託のインデックスファンドでも国内最大級のファンドを運用するなど確固たる実績を有しており、パッシブ運用の運用力については長期にわたって投資家の皆様から高いご評価をいただいていていると自負しています。

 確定拠出年金向けに数多くのインデックスファンドを、安定的かつこの幅広さで提供できているのは、当社のパッシブ運用の歴史と運用力があってこそだと考えています。

リスク許容度に合ったファンドを選ぶ

――DCをきっかけに投資を始めるという方が、これから増えてくると思います。最初のファンドは、どのような観点で選べばいいのでしょうか。

 お客様それぞれに資金の性格やリスク許容度などが異なります。例えば、一般的には、比較的高いリスクを取れるといわれる若年層の方でも、リスクを抑えて運用したいと考える方もたくさんいらっしゃると思います。入門編ということであれば、先ほどご紹介した『DCインデックスバランス(株式20)』などは、運用スタイルがシンプルで理解しやすく、かつコストが低いため、ご検討いただく対象として適当なファンドではないかと思います。ひとつの方法としては、まずは株式の割合が低いバランスファンドで投資に慣れていただきながら、少しずつご自身の年齢やリスク許容度に合ったポートフォリオを構築していただけたらと考えています。

 リスク許容度については、例えば運営管理機関や金融機関の専用ウェブサイトなどで、簡単に資産のシミュレーションができる機能を提供しているところがあります。こうしたサイトを活用しながら、どれくらいの期間でどれくらいのリスクを取れるのかをご検討いただくことから始めていただくとよいかもしれません。

 

 1 2 3