TOP >  特集記事 >  ニッポンの凄い投資信託 リッパー・ファンド・アワード・ジャパン2016 >  最優秀運用会社スペシャルインタビュー 東京海上アセットマネジメント(1/3)

最優秀運用会社スペシャルインタビュー 東京海上アセットマネジメント(1/3)


ニッポンの凄い投資信託 リッパー・ファンド・アワード・ジャパン2016

投資信託 総合部門 最優秀運用会社賞
確定拠出年金 ミックスアセット部門 最優秀運用会社賞

総合部門で3年連続受賞。先が読めない市場にこそ
長年の信頼に裏付けられた安定運用のコア資産

東京海上アセットマネジメント 執行役員投信本部長 兼 投信営業部長 外尾竜一氏

東京海上アセットマネジメントはリッパー・ファンド・アワード・ジャパン2016において、3年連続で投資信託の総合部門最優秀運用会社に輝いたほか、確定拠出年金のミックスアセット部門でも最優秀運用会社を受賞しました。同社は、年金資金や金融機関など機関投資家向けの資産運用業務を通じて培った運用力をベースに、幅広いファンドを展開しています。執行役員投信本部長兼投信営業部長の外尾竜一氏に、同社やファンドのお話をうかがったほか、職歴や趣味など人となりについても迫りました。(聞き手・文/編集部)

個人投資家目線を意識した投資信託を展開

tmam1

――リッパー・ファンド・アワードの投資信託の総合部門で最優秀運用会社を3年連続、確定拠出年金のミックスアセット部門で最優秀運用会社を受賞された感想をお聞かせください。

 本当にありがたいお話だと思っています。弊社は1985年に創立後、企業年金向けの運用からスタートし、2000年前後から個人向けの投資信託へも展開していきました。企業年金などで培った技術や運用力をうまく盛り込みながら、個人投資家目線を意識した商品を提供していった結果、今回のような評価につながったのかと思っています。今後も、運用部門や営業部門、管理部門が一体となって真面目に愚直に頑張りたいと思っています。

マイナス金利の今こそ、安定重視の『円奏会』を

――金融市場は先行き不透明な環境にあります。投資家はどのようにして資産を形成すればよいでしょうか。そのために、御社ではどのような投資信託を提供しているのでしょうか。

 昨今、「コア・サテライト戦略」が個人投資家にも注目され始めています。運用資産を「守り」と「攻め」に大きく2つに分けて運用する方法で、中心的な部分(コア=中核)では、安定的な運用成果を目指し資産を守る一方、残りの部分(サテライト=衛星)では高いリターンを目指して攻めの運用を行います。このコアとしては、『円奏会』(正式名称は『東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)』)をご活用していただけると思います。

 『円奏会』は、為替リスクのない円資産だけで構成されており、資産全体のうち7割程度は債券で安定的に運用しながら、値上がりが期待できる株式とREITを3割程度組み入れています。基準価額の変動リスクが高まった場合には、株式とREITの組入比率を調整するリスクコントロールの機能も備えています。『円奏会』は決して派手なファンドではありませんが、少しずつお客様が増えていき、今では純資産が1000億円を超えました。

 もちろん『円奏会』は投資信託なので基準価額は変動します。しかし、2012年11月の運用開始から2016年3月までに14回迎えた四半期ごとの騰落率を見ると、11勝3敗となっています。相撲なら大関くらいにはなれる成績ですね(笑)。3敗といっても大きな負けではなく、すぐにカバーできる程度の比較的小幅なマイナスでした。マーケット全体で見ると、チャイナ・ショックなどさまざまなマイナス局面がありましたが、このファンドを長期で保有していれば、そういったマイナス分も十分カバーできました。累積のリターンは30%以上のプラスです(2016年4月末現在)。

 日銀がマイナス金利を導入したことで、国債の利回りが軒並み低下しました。個人の投資家の皆様の間では、「マイナスの利回り」というワードにより、あたかも債券のリターンがマイナスになるかのような不安を抱いている方が多くいるように感じます。個人の投資家は債券を購入する際、満期償還まで持ち切る場合がほとんどなので「最終利回り」のリターンとなることが多いと思います。しかし、ファンドマネージャーが運用する際、債券は償還まで持ち切らずに途中で売買してリターンを得ることがあります。日銀のマイナス金利の導入により、足元では利回りが低下したことで債券価格が上昇(キャピタルゲイン)し、債券で運用するファンドの基準価額にとってはプラスの要因となっています。また、「マイナスの利回り」であろうとも、残存期間が長いほど利回りが高くなる環境(順イールド)である限り、一般的には保有する債券は時間の経過とともに、一定の水準まで価格は上昇(ロールダウン効果)し、プラスのリターンが期待できます。