TOP >  投資信託ニュース > 増配を続ける好調な米国企業に投資。野村アセットマネジメントのインデックスファンド『米国株式配当貴族』

投資信託ニュース

増配を続ける好調な米国企業に投資。野村アセットマネジメントのインデックスファンド『米国株式配当貴族』

2017年1月11日

野村アセットマネジメントが展開するインデックスファンドシリーズ「Funds-iフォーカスシリーズ」に、新しい投資信託が設定された。
2017年1月10日に設定されたのは『野村インデックスファンド・米国株式配当貴族』と『野村インデックスファンド・米国株式配当貴族・為替ヘッジ型』。米国の「S&P500配当貴族指数」への連動を目指した運用を行う。

「S&P500配当貴族指数」とは、米国株式市場において25年以上連続して増配を継続する、時価総額30億米ドル以上の大企業を対象とした株価指数。増配を続ける企業は、安定した収益基盤や強固な財務体質を備え、長期的な成長が期待できる企業であり、実際に過去の値動きを見ると、S&P500指数を上回るパフォーマンスを示している。目下好調な米国株式の中でも、特に絶好調な銘柄で構成されているのが『米国株式配当貴族』だ。インデックスファンドなので、運用管理費用も年0.54%(税抜き年0.50%)と低めに設定されている。

これら2本のファンドは、SBI証券で1月11日、楽天証券で1月13日、髙木証券で1月20日、新生銀行で1月24日に取り扱いが始まる予定となっている。

野村インデックスファンドシリーズ「Funds-i」特設ページ

野村インデックスファンド・米国株式配当貴族

野村インデックスファンド・米国株式配当貴族・為替ヘッジ型