TOP >  投資信託ニュース > ロボアドバイザーやコミュニティ機能、投資初心者向けコンテンツを搭載。野村アセットマネジメントのスマートフォンアプリ「moneby(マネビー)」が3月6日にサービス開始

投資信託ニュース

ロボアドバイザーやコミュニティ機能、投資初心者向けコンテンツを搭載。野村アセットマネジメントのスマートフォンアプリ「moneby(マネビー)」が3月6日にサービス開始

2017年3月6日

7つの質問に答えることで約2万5000通りのモデルポートフォリオを提案してくれる、野村アセットマネジメントのロボアドバイザーサービス「Funds Robo」が、スマートフォンアプリで利用できるようになった。

「moneby(マネビー)」は、3月6日にサービスを開始したスマートフォン向けのアプリ。今年1月10日に内容を一新した「Funds Robo」の機能のほか、日経平均やNYダウの動きを予想するゲーム、ユーザー同士が意見交換できるコミュニティや、投資初心者向けコンテンツなどが利用できる。

アプリの開発・運営は、金融に関する豊富な知見と実績を有する、東京大学発のフィンテック(金融と情報技術の融合)ベンチャー企業であるFinatext社が担当している。野村アセットマネジメントの担当者は「今後もFinatext社とともに、投資家がより長く使えるサービスを提供していきます」と語った。

iPhoneの方はこちらから… App Store「moneby(マネビー)」
Androidの方はこちらから… Google Play「moneby(マネビー)」

Funds Robo