TOP >  こちら『NISA de 投資信託』編集部 >  第12回 株価に影響を与える3つの要素

第12回 株価に影響を与える3つの要素

更新日 2015年9月11日

アイコン第12回 株価に影響を与える3つの要素

資産づくりの最大のツールである「株式」の価値の判断基準は、さまざまな要因が複雑に絡み合い、互いに増幅したり打ち消し合ったりしていながら作用をしています。「株式」に影響を与える大きな要因は、3つあるとされています。

1つめは、株式を発行している会社の「業績」です。会社の業績アップは、株主への配当金へも回ると連想され、その会社の株式を求める人が増えます。

2つめは、会社の「注目度の高さ」です。例えば、2020年の東京オリンピックの開催が決まったことで建設・不動産や放送・広告、スポーツ用品関連株への注目が集まりました。

3つめは、お金の貸し借りの際の使用料である「金利」です。一般的に金利と株価はシーソーの関係にあり、金利が上がると株価は下がり、金利が下がると株価は上がります。

こういった要素を意識しつつ、投資信託を賢く運用したいものですね。(s)