TOP >  こちら『NISA de 投資信託』編集部 >  第33回 定年退職後のNISA運用を考える

第33回 定年退職後のNISA運用を考える

更新日 2016年2月3日

アイコン第33回 定年退職後のNISA運用を考える

このブログをご覧の方のなかには、長年勤めた会社の定年を無事に迎え、今後のセカンドライフに向かって、楽しいプランをお考えの方もおいでのことでしょう。

そのために必要なのは、なんといってもまとまったお金です。娯楽目的のお金だけではなく、今後、日本経済の物価が継続的にインフレになれば、食費や光熱費が上がるといったことも念頭に置いたほうがよさそうですし、住居の維持メンテナンス費用、さらには介護費用などが必要になる場合も出てくるかもしれません。

このように、退職後には健康はもちろん、準備資金を持つことが重要です。
しかし、だからといって、いきなり退職金をつぎ込んでしまうのは考えもの。
NISAの非課税制度のしくみを理解したうえで、公的年金、保険、不動産など資金全体のバランスを考えながら、新たな資金づくりをしていきたいものです。(t)