TOP >  こちら『NISA de 投資信託』編集部 >  第36回 Aさんの不安……

第36回 Aさんの不安……

更新日 2016年2月14日

アイコン

最近、NISA口座を開設して、投資信託を始めたばかりのAさん。投資信託の基準価額が下がったことに不安を感じて、早くも方向転換を検討し始めているそうです。
投資信託は、株式と比べればリスクが低いことを頭では理解できているAさんですが、もっとリスクの低い投資信託を選べばよかったかもしれないと悶々としているといいます。こうした気持ちは、多くの人に共感できることかもしれません。

でも、少し待ってください。
投資信託など資産を運用するにあたり、損失が確定するのはいつでしょうか?
それは、価格が下がってしまったときではなく、「価格の下落に耐えられない」「今後はもっと下がるだろう」などの理由で解約をしたとき初めて損失が確定するものです。

風向きが変わって価格が上がる可能性があるかもしれないというのに、机上のマイナスに不安を覚えて投資信託が持つ将来の期待収益を放棄することのないように、冷静な判断が求められます。(s)