TOP >  こちら『NISA de 投資信託』編集部 >  第37回 オリジナル・バランスシートをつくってみよう

第37回 オリジナル・バランスシートをつくってみよう

更新日 2016年2月21日

アイコン

NISAで投資信託を開始するにあたって、まずお勧めしたいのは「オリジナル・バランスシート(賃借対照表)」をつくって資産の整理をすることです。資産の棚おろしをすることで、資産運用のポイントが見えてきます。

不動産、預貯金、自家用車、貴金属などの「プラスの資産」と、住宅ローンなどの「マイナスの資産」を差し引いたのものが、正味の資産である「純資産」になります。

例えば、退職金で預貯金が増えたときなどは、金利の低い定額貯金だけではなく、一部をNISAで運用することを検討されてはいかがでしょうか。
リスクとリターンのバランスが取れた資産構成とすることで、インフレの進行など、金融・経済環境の変化に対する資産の耐性アップが期待できます。(y)