TOP >  こちら『NISA de 投資信託』編集部 >  第55回 過去の実績からファンドの実力を測る

第55回 過去の実績からファンドの実力を測る

更新日 2016年4月27日

アイコン第55回 過去の実績からファンドの実力を測る

投資信託を購入する際に最も気になるのは、その商品の「実力」ではないでしょうか。

長年にわたり運用されて人気を得てきた「ロングセラーファンド」は、過去の値動きの傾向と大きさを予測できるため、ファンドの実力を測りやすいのが特徴です。
例えば同じ日本株に投資するアクティブ型の投資信託を見る場合も、ロングセラーファンドは、過去の実績を比較することで、収益や値動きの大きさの違いが一目瞭然になります。

ロングセラーファンドには、投信会社を代表する旗艦ファンドが数多くあり、そういったファンドは、運用体制が手厚く、短期的に値下がりしても長い目で見れば手堅い運用効果を上げているものがほとんどです。

多くの投信会社は、そのような旗艦ファンドに対してNISA向けの「1年決算型」を設定しています。積み立て投資を検討しているのなら、検討してもよいかもしれません。(s)