TOP >  こちら『NISA de 投資信託』編集部 >  第70回 「愛称」付きの投資信託

第70回 「愛称」付きの投資信託

更新日 2016年6月19日

アイコン

金融機関などで見かける投資信託のパンフレット。いろいろなものがありますが、ファンド名の後ろあたりに、いわゆる「愛称」があるのをご存知でしょうか。

この「愛称」は、投信会社が投資家たちにファンドに対する愛着を持ってもらい、ほかのファンドとの差別化をはかり、自社のアピールにつなげることが狙いです。

「愛称」には、歴史上の人物や外国語の言い換え、オリジナルの略語などが多く、投信会社の商品に対する思い入れが感じられます。その一方で、愛称のイメージと実際の運用実績にかいりが生じているファンドがあるようです。

投資家にとって最も大事なのはやはり運用実績です。必要以上にイメージにとらわれず成績重視で選びたいものです。(s)