TOP >  こちら『NISA de 投資信託』編集部 >  第78回 金融商品選びは「社会の動向」もチェック

第78回 金融商品選びは「社会の動向」もチェック

更新日 2016年7月17日

アイコン

J-REIT(日本版不動産投資信託)とは、投資家から集めた資金によって、オフィスビルやマンションなどの不動産を購入し、その家賃収入や売買益を投資家へ分配するといった金融商品です。

手軽に不動産へ投資ができて、一般的な金融商品より高い分配金利回りが期待できるといったメリットを兼ね備えているJ-REITですが、それ以外にも注目されている理由があります。

内閣府では、2050年には75歳以上の高齢者の割合が人口の25%を超えると予想をしています。介護費用も増加傾向にある今、高齢者向けの医療機関や介護施設などの建設増を考えると、病院や高齢者向け施設といったヘルスケア分野のREITは投資対象として魅力的といえるでしょう。

資産を育てていこうと考えた時、こうした社会の動向にも目を向けて金融商品を選ぶ視点も大事ではないでしょうか。