TOP >  こちら『NISA de 投資信託』編集部 >  第82回 ETFの魅力と“落とし穴”

第82回 ETFの魅力と“落とし穴”

更新日 2016年7月31日

アイコン

ETF(上場投資信託)は、分散投資を基本とした投資信託と、リアルタイムで取引を行う株式の特徴をあわせ持った金融商品です。

日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などの市場平均に近い値動きを目指すインデックスファンドに近い性質を持っており、目で追いやすく分かりやすいという特徴があります。

加えて、非上場の投資信託と異なり、株式と同じようにリアルタイムで取引が行えて、売買時に値段を指定する指数注文も可能です。一般に、運用時にかかる手数料(信託報酬)が投資信託に比べて安いこともETFの魅力といえます。

ただし注意してほしいのが、ETFには、上場廃止になるリスクがあること。上場廃止となった場合、期限以内に換金する必要があるため、予想していた価格での売買ができなくなります。そのため、純資産総額や基準価格とベンチマーク(運用指標)とのズレを日頃からチェックしていく姿勢が必要といえるでしょう。(t)