TOP >  こちら『NISA de 投資信託』編集部 >  第86回 分配金の“落とし穴”――預貯金の利子との違い

第86回 分配金の“落とし穴”――預貯金の利子との違い

更新日 2016年8月14日

アイコン

ファンドを選ぶ際、まちがって認識されていることが多いのが「分配金」です。思わぬ落とし穴にはまらないためにも正しい認識が必要です。

分配金とは、自分の保有しているファンドの純資産から切り崩して支払われるもの。分配金が支払われるとその分だけ純資産が減少し、それに伴い基準価格も下がります。

例えば、純資産10万円のファンドがあり、1人1口10000円を保有していたとしよう。分配金は保有者の口数分に応じて分配されるため、同ファンドが200円の分配金を支払うと、「10人に200円がわたる→純資産が2000円減少→基準価格は9800円」となります。

ファンドの分配金は、預貯金における利子とは仕組みが異なる点には注意しましょう。 (y)