TOP >  こちら『NISA de 投資信託』編集部 >  第90回 為替レートが資産価値に与えるインパクト

第90回 為替レートが資産価値に与えるインパクト

更新日 2016年8月28日

アイコン

為替レートとは、国ごとに異なる通貨を交換する際の交換比率です。この交換比率が日々変動するため通貨の価値が上下し、損をする人や得をする人が出てきます。

例えば、「1ドル=100円」の交換比率の時に、ドル建ての資産に100万円投資したとします。仮に、資産そのものに値動きがないと仮定した場合、「1ドル=120円」の円安になると投資資金は120万円まで跳ね上がりますが、「1ドル=80万円」の円高になると投資資金は80万円となってしまいます。

このように、為替レートの変動は資産価値に大きく影響するため、自分の投資している商品がどの国の通貨で運用されているのか、その商品は為替の影響を受けるのかをしっかりと念頭に入れておくことが大切でしょう。(t)