TOP >  こちら『NISA de 投資信託』編集部 >  第93回 「インバウンド」は日本経済を救う!?

第93回 「インバウンド」は日本経済を救う!?

更新日 2016年9月7日

アイコン

近年、インバウンド(訪日外国人)市場は、日本の成長戦略の重要なテーマとして脚光を浴びています。2014年には約1300万人であった訪日外国人旅行者は、2015年には2000万人近くに到達するなど、インバウンド市場の規模は急速に拡大しています。

こうした訪日外国人の増加には様々な背景が考えられます。例えば所得要因。新興国の経済成長は、消費意欲の高い大量の中間所得者層を生み出しました。可処分所得が増えた彼らがクールジャパンを楽しみ、インバウンド市場に恩恵をもたらしているのです。加えて、日本では免税制度の拡充に力を入れており、外国人旅行者がモノを買いやすい環境が整備されつつあります。3つ目に、高品質で低価格な日本の商品は訪日外国人にとって魅力的で、グローバル規模でファン層が拡大していることも挙げられます。

インバウンド市場の活況は、人口減少に伴う市場規模の縮小が予想される日本経済にとって、重要な成長テーマの一つとなっています。(y)