TOP >  こちら『NISA de 投資信託』編集部 >  第104回 投資信託を選ぶときはチャートを確認する

第104回 投資信託を選ぶときはチャートを確認する

更新日 2016年10月16日

アイコン

投資信託は、日々価格が変動する金融商品です。もちろん誰もが価格が上がることを期待して買うわけですが、期待とはうらはらに価格が下がることもあります。

ある投資信託が、過去にどの程度の値動きをしたかがひと目でわかるのが「チャート」です。運用会社のホームページや投資信託情報サイトには、投資信託の基準価額の推移を示した折れ線グラフが載っています。折れ線が2本ある場合は、「分配金再投資基準価額」が実質的な投資信託の値動きを示します。

過去のチャートを見れば、なんとなく今後の値動きの傾向も見えてきます。もちろん未来のことは誰も正確に予測できませんが、「過去にこれだけ上がったことがあったのだから、今は下落していてもまたいつか上がるだろう」という希望は持てます。

同じ資産クラスに投資する投資信託の値動きを比較するのにもチャートは役立ちます。ウェブサイトによっては、複数のチャートを重ね合わせて比較できるものもあります。大切なお金を運用するのですから、投資信託を買うときはしっかりと比較検討して選ぶことをおすすめします。