TOP >  こちら『NISA de 投資信託』編集部 >  第117回 NISAの非課税枠120万円の賢い使い方

第117回 NISAの非課税枠120万円の賢い使い方

更新日 2016年12月28日

アイコン

年が変わると、NISA(少額投資非課税制度)の非課税投資枠として120万円が新たに利用できるようになります。1年間で最大120万円までの投資で得られた利益が非課税になるわけですが、このことは必ずしも、非課税枠を使い切るには120万円の投資元本が必要だということを意味しません。

例えば、こういう使い方が考えられます。1月に投資信託Aを50万円で購入したところ、1年で40%値上がりして、年末には70万円に上昇。投資信託Aを売却して得られた70万円で、投資信託Bを購入する。この方法でも、1年で120万円を使い切ることになります。

投資対象が短期的に値上がりと値下がりを繰り返すタイプの資産であれば、ある程度値上がりしたところで利益を確定させて、そのお金で別の投資信託に乗り換えるという手法も有効です。最初に非課税枠を使い切ってしまうと、年内に売却して別の商品に乗り換える場合は一般口座や特定口座で買うしかなくなり、収益は課税対象となってしまいます。年内の売買を視野に入れている方は、120万円の非課税枠を有効に活用するために、あえて枠を半分以上残しておくのがいいかもしれません。