TOP >  こちら『NISA de 投資信託』編集部 >  第118回 米国の新大統領就任と株価の「ハネムーン」

第118回 米国の新大統領就任と株価の「ハネムーン」

更新日 2017年1月4日

アイコン

「ハネムーン期間」という言葉があります。先進国において、新政権が誕生してから100日間のことを指します。米国では、新しい大統領が就任した際のハネムーン期間には、報道機関が性急な批判を避ける傾向があります。この間は株式市場も安定的な推移を示すことが多く、値上がりを期待する投資家に買われやすくなります。

すでに米国株式に投資する投資信託を持っている方は、たとえ値上がりしていても、大統領就任後の4月までは売却せずに保有しておくのがセオリーといえます。しかし、あれだけマーケットを騒がせてきたトランプ新大統領にこれまでの常識が通用するとは限りません。トランプ大統領と米国経済の動向をできる限り注視しながら、もし政治的にきな臭い動きが見られたら、たとえハネムーン期間の最中であってもいったん売却するのも手かもしれません。