TOP >  初めての投資信託ガイド

初めての投資信託ガイド


投資信託は、たくさんの人からお金を集め、そのお金でさまざまな資産を購入して運用される金融商品です。その運用の成果は、それぞれの投資家の投資額に応じて配分されます。投資家にとっては、少ない資金で国内外の株式や債券など複数の資産に投資できる点が投資信託の最大の魅力といえるでしょう。


投資信託のお金の流れ(イメージ)

初めての投資信託ガイド:投資信託のお金の流れ(イメージ)

1投資家から集めたお金を元手にして投信会社が株式や債券など資産の購入を信託銀行に指示する
1その指示に従って信託銀行が資産の売り買いや管理を行う
1運用の成果を投資家に配分する


投資信託の魅力と注意点を確認しましょう

メリット

1少額で始められる株式や債券などに投資するには通常数万円~数十万円のまとまったお金を用意しなくてはなりませんが、多くの投資信託は1万円程度から購入することができます。
1手軽に分散投資ができる投資家から集められた資金はさまざまな資産に分散投資されます。1つの会社に投資するのに比べて、価格の変動を小さく抑えることができます。
1運用の判断は専門家におまかせこれから伸びそうな会社や地域、業種について調べるのはとても手間がかかります。購入する投資信託を決めれば、あとの運用は専門家が代行してくれます。

デメリット

1元本保証ではない株式や債券など価格が変動する資産に投資するため、運用がうまくいけば利益をあげられますが、うまくいかなければ元本割れすることもあります。
1コスト(手数料)がかかる資産の運用を専門家に代行してもらえる分、手数料がかかります。運用資産や運用スタイルなどによって手数料は大きく異なりますので、必ず確認しましょう。